MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

製薬協:コード・オブ・プラクティス改定、販売情報提供活動GL受け。10月1日付

製薬協:コード・オブ・プラクティス改定、販売情報提供活動GL受け。10月1日付 日本製薬工業協会(製薬協)は、コード・オブ・プラクティスを10月1日付で改定する。厚生労働省の「医療用医薬品の販売情報提供活動ガイドライン」が、社内体制の整備などを含め、10月に全面施行されることを踏まえたもの。製薬協は、ガイドライン上、製薬企業の活動を把握し必要に応じて指導・助言する“関連団体”に位置付けられる。そのため、製薬協は年内にも、会員各社のガイドラインへの対応状況や社内体制の変更点などについてアンケート調査を行う考え。会員状況の実態把握に努めるとともに、業界内にコードの周知徹底を図ることで、不適切事例を未然に食い止めたい考えだ。

医療用医薬品の販売情報提供活動ガイドラインの影響は大きいようです。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68067 https://nk.jiho.jp/article/145036

サイト内検索