MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

腎性貧血薬ネスプ:病院の7割超、バイオセイムに切替意向。ミクス調査

腎性貧血薬ネスプ:病院の7割超、バイオセイムに切替意向。ミクス調査 今年8月に登場した腎性貧血に用いる赤血球造血刺激因子(ESA)製剤ネスプのオーソライズドジェネリック(AG)を採用し、先発品などから切り替える方針の病院が7割以上あることが、ミクスの調査でわかった。ネスプAGは唯一のネスプの後発品で、バイオ医薬品のAGということでバイオセイムとも呼ばれる。ネスプAGは腎性貧血の適応を持つものの、先発品にある骨髄異形成症候群の適応はない。それでも多くの病院でネスプAGの採用・切替意向がみられたのは、腎性貧血で用いるケースが多く、先発品が高薬価であることが影響しているためと思われる。

ただでさえAGは強いですが、バイオ医薬品のAG(バイオセイム)の強さは衝撃的です。
この状況を見て、バイオセイムに動く企業が増えてくるかもしれません。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68175

サイト内検索