MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

「ゾフルーザ」「イナビル」の動向は?。今冬のインフル薬市場、売り上げ上位2製品

「ゾフルーザ」「イナビル」の動向は?。今冬のインフル薬市場、売り上げ上位2製品 インフルエンザのシーズンが近づいてきた。今シーズンは流行が始まるのが早いと予想されており、抗インフルエンザウイルス薬を持つ製薬各社も準備を進めているとみられる。特に注目されるのは売り上げ上位2製品の動向で、昨シーズン一気にトップに立った塩野義製薬の「ゾフルーザ」は耐性や安全性に関する情報提供を行いつつ、さらなる浸透を目指す。一方、首位の座を明け渡した第一三共の「イナビル」は新剤形を投入することで巻き返しを図る。

ゾフルーザは、昨年売れに売れましたが、後半耐性菌の存在など逆風が吹き始めました。
今年はイナビルがどれだけ巻き返すのかに注目です。 https://nk.jiho.jp/article/145524

サイト内検索