MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

後発品:既収載品の複数価格帯容認。初収載も0.5掛け維持も視野、中医協薬価専門部会

後発品:既収載品の複数価格帯容認。初収載も0.5掛け維持も視野、中医協薬価専門部会 中医協薬価専門部会は10月9日、後発品の価格帯について複数価格帯を容認する方向で一致した。各側ともに、市場実勢価格の安い製品の薬価が引き上げられることを問題視。同一価格帯のなかで、改定後薬価が改定前薬価を超えるものは別価格帯とすることを支持した。もう一つの焦点となった初収載価格の見直しについても診療・支払各側から見直しに対する慎重論があがり、現行の0.5掛けを維持する公算が高まった。後発品80%時代が目前に迫るなかで、これまでの薬価差に焦点を当てた後発品ビジネスにメスが入るとともに、薬価制度も、安定供給と共に品質を追求するジェネリックビジネスを後押しすることとなりそうだ。

後発品、1価格帯になると実勢価格が安いものの薬価が引き上げられることとなりますが、別価格帯になるようです。(こうなると、どちらの価格帯になるか企業毎に動きがありそうです。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68187 https://nk.jiho.jp/article/145519

サイト内検索