MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

全企業自主回収の抗潰瘍薬・ラニチジン製剤に「終売」の動き。化学構造が原因か!

全企業自主回収の抗潰瘍薬・ラニチジン製剤に「終売」の動き。化学構造が原因か! 全企業で自主回収(クラスⅠ)となった抗潰瘍薬・ラニチジン製剤をめぐり、「終売」を検討する企業が出始めた。海外で、先発品であるグラクソ・スミスクライン(GSK)のザンタックの原薬から発がん性物質であるN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が検出されたことを受け、ラニチジンを発売する全11社が自主回収する事態に発展している。各社は原因究明に乗り出しているが、複数の関係者によると、理論上ラニチジンの化学構造から発がん性物質の発生リスクを完全に排除することができないという。原薬や製造過程の管理でリスク排除を徹底できないため、終売に向けた動きが全社に拡大するのでは、との見方もすでに出ている。

終売になると、代わりになる薬剤が何になるのか気になります。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68186 https://nk.jiho.jp/article/145514 https://nk.jiho.jp/article/145511

サイト内検索