MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚生労働省・中井薬剤管理官「グローバル市場に目を向け新薬創出に集中を」後発医薬品80%時代の情報提供、カギは薬剤師

厚生労働省・中井薬剤管理官「グローバル市場に目を向け新薬創出に集中を」後発医薬品80%時代の情報提供、カギは薬剤師 厚生労働省保険局の中井清人薬剤管理官は、後発医薬品数量シェア80%の市場について産業振興の観点から言及し、先発メーカーはグローバル市場に目を向けて新薬創出に集中すべきとの考えを示した。中井薬剤管理官は、後発医薬品数量シェア80%の世界をグローバル基準との見方を示し、産業構造もこれに伴って変化するとの見方を示した。MR数についても減少すると見通した上で、今後の医薬品の情報提供については、「地域でDI情報を担うのは薬剤師の役割」との考えを示した。

ここでもMR数減少が言われています。
(ジェネリックメーカーの情報提供活動がより積極的になると思いますが、日本の後発品製薬企業の1社あたりの規模が小さいので、どんどん合併していくと思います。e-ディテールも増えてきているのでMR数は大幅には増えないと思います。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51698/Default.aspx

サイト内検索