MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

19年7~9月の国内医療用薬市場:前年同期比8.9%伸長。消費増税前の仮需か

19年7~9月の国内医療用薬市場:前年同期比8.9%伸長。消費増税前の仮需か IQVIAは11月7日、2019年第3四半期(7~9月)の国内医療用医薬品市場は薬価ベースで2兆6709億円となり、前年同期比で8.9%伸長したと発表した。19年10月の消費税率引き上げに伴う薬価改定では、多くの新薬創出等加算品以外の品目で薬価の引下げが行われた一方で、多くの同加算品は薬価が引き上げられた。売上上位10製品の四半期ごとの売上推移をみると、薬価引下げとなった品目は7~9月に売上を減らして買い控えが起こったとみられる一方で、薬価引上げとなった品目は7~9月に揃って売上を伸ばした。駆け込み需要(仮需)もあったとみられる。

薬価変更に伴う仮需があったことに驚きです。
仮需があったとすると、その薬剤の10月以降の売上は厳しくなるように思います。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68306 https://nk.jiho.jp/article/146265 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51935100X01C19A1XB0000/

サイト内検索