MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2015年MR数調査:ファイザー、第一三共、ノバルティス、中外が100人以上減員、MR体制は経営課題に

2015年MR数調査:ファイザー、第一三共、ノバルティス、中外が100人以上減員、MR体制は経営課題に ミクス編集部は、製薬会社を対象(回答72社)に2015年MR数アンケート調査を行った。新薬メーカーの内資と外資それぞれMR数上位10社を見ると、ファイザー、第一三共、ノバルティスファーマ、中外製薬の各社で100人以上の減員が見られ、前回14年調査と同様に今年も3桁減員企業が目立つ結果となった。「増減0」の回答も目立つように、MR数は頭打ち感が強い。

今回は、内資系製薬会社も減員しているのが、ちょっと驚きです。
(外資系でノバルティスも減員していますが、ここにグラクソ・スミスクラインから転籍した人間は入っているのでしょうか?それであれば非常に大きな減員です。)
MRの人員も拡大路線を進めてきましたが、大丈夫なうちに次のことを考えておく必要があるかもしれません。
(MR資格化によって人員が減るとの目論見がありましたが、予想に反して、人員数が増えてしまいました。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51690/Default.aspx

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。