MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

理研、創薬専用の超高速計算機が完成。タンパク質の構造変化を再現、製薬企業に提供へ

理研、創薬専用の超高速計算機が完成。タンパク質の構造変化を再現、製薬企業に提供へ 理化学研究所が、創薬研究専用の超高速計算機「MDGRAPE-4A」を開発した。分子動力学のシミュレーションを行うための国産最新鋭機。薬で狙うタンパク質の構造変化や、タンパク質表面の標的ポケット部位に薬剤が付いたり、離れたりする様子を「動画」のように再現できる。ポケット部位の構造変化が詳細に分かれば、最適な開発候補化合物をオーダーメードで設計できるようになる。また、これまで抗体で抑えていた高分子の標的を中分子で抑えたり、中分子の標的を低分子で抑えたりできる可能性もある。化学合成で治療薬を作れれば、薬価も安く抑えられる。

京や富岳とは別に、スパコンが開発されたようです。逆に富岳は何が使うのかが気になります。 https://nk.jiho.jp/article/146540

サイト内検索