MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日本のMR数は「多い」‐中井薬剤管理官が指摘

日本のMR数は「多い」‐中井薬剤管理官が指摘 世界水準に比べて日本の製薬会社のMR数は多いのではないか―。13、14日に浜松市で開かれた日本ジェネリック医薬品学会学術大会で中井清人氏(厚生労働省保険局医療課薬剤管理官)は私見と前置きした上で、そう指摘した。
 中井氏は「MRが多いことを批判しているわけではないが、日本の製薬産業の構造が世界と同じようになっていくと、新薬メーカーはおそらくもっと新薬開発に集中せざるを得なくなる」と強調。一方、後発品メーカーにとってはさらに安価な医薬品供給が求められるとし、世界的な競争に勝っていくためにも、これまでMRに費やしていた経営資源を新薬開発に振り向けたり、安価な医薬品供給を実現する原資に回したりする状況にならざるを得ないと見通しを語った。

厚生労働省もMRの人数に疑問を持ち始めたようです。(2013年で、MRが66,752名います。(MR資格化が始まる時は55,000名→50,000名を目指していたと思いますが、いろいろな外資系の参入などもあり、ここまで増えてしまいました。)
今のうちに次の仕事を考えたほうがいいかもしれません。
(個人的にはMSLなどは今後も含めて非常に有望だとは思います。(資格化も進んでいるようです。)) http://www.yakuji.co.jp/entry44209.html

サイト内検索