MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

流改懇:GE80%達成で卸連、仕切価・割戻しの見直し、新バーコード表示の浸透など求める

流改懇:GE80%達成で卸連、仕切価・割戻しの見直し、新バーコード表示の浸透など求める 厚生労働省の「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」が開かれ、後発医薬品(GE)数量シェア目標値が80%に引上げられる中で、日本医薬品卸売業連合会(卸連)は一般名処方の徹底や、共同開発の見直し、新バーコード表示の浸透、卸機能を適切に評価する仕切価・割戻しの設定を求めた。流改懇では、一次売差マイナスと割り戻し・アローアンスの拡大傾向の改善、未妥結仮納入の改善、単品単価の推進など流通改善策を今夏にも提言としてまとめる。提言は、厚生労働省が8月末までに策定を進めるGE80%達成のための総合戦略に反映させる。

確かに、メーカーの好業績ばかりが目立っているので、卸の方は少しでも仕切価・割戻しを変更したいのではと思います。
(医薬品卸の方は利益率1%にも満たない状況が多いです。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51708/Default.aspx http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48035 http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48037 http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48036 http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226581520733.html?pageKind=outline http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226581522100.html?pageKind=outline

サイト内検索