MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

インフル流行入り:ゾフルーザ耐性問題の検証なるか

インフル流行入り:ゾフルーザ耐性問題の検証なるか 塩野義製薬の抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」がいまだに耐性問題の渦中にある。2018年3月発売のゾフルーザは1回の服用で済む手軽さから、18~19年シーズンに最も多く使われた抗インフル薬になった。ただ、ゾフルーザが効きにくくなる耐性ウイルスの発生・感染拡大が懸念されている。耐性問題の検証には多くの投与データが必要な半面、処方に慎重な医師もいる。先行きに不透明感が出ている。

前シーズンはゾフルーザが売れましたが、耐性菌が見つかったり、空気感染するという話も出てきて、どれだけゾフルーザが売れるのか見ものです。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52773070Z21C19A1000000/

サイト内検索