MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

大手卸4社の談合疑惑、「病院経営の死活問題」:医法協・加納会長

大手卸4社の談合疑惑、「病院経営の死活問題」:医法協・加納会長 独立行政法人「地域医療機能推進機構」(JCHO)発注の共同入札を巡り、大手医薬品卸4社が談合の疑いで公正取引委員会から強制調査を受けた問題で、日本医療法人協会の加納繁照会長と太田圭洋副会長は4日、じほうの取材に応じ「談合はないと願いたい。まずは事実関係をしっかりと調べてほしい。各民間病院は、急性期だと利益率が2%前後しかない中で、医薬品の仕入れ値を少しでも安くしようと努力している。談合が事実なのであれば、そのような文化・土壌は根絶してもらわないと困る。病院経営の死活問題だ」などと受け止めを語った。

四病院団体協議会の動きもあるようなので、かなり卸には厳しい流れかもしれません。 https://nk.jiho.jp/article/147075

サイト内検索