MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

上司同行面談 東京慈恵会医科大学附属病院薬剤部部長川久保孝今回は上司の同行による面談について、あえて取り上げたい。上司が同行していてもほとんどインパクトのないことや、担当MRが一言も発せず上司がしゃべり続けるなど疑問に思わざるを得ないケースが多いからだ。実は、筆者も上司同行面談について目的や効果を十分に理解していないことから、今回原稿を書く前に当院担当MRと上司にインタビューを実施し、上司同行面談について色々と教えて頂いた。それも踏まえて今回は、上司同行面談の現状、問題点、改善すべき事項について書く。育成同行上司も緊張感を持って!担当MRを育成する目的で行われる上司同行であり、同行する前に担当MRと上司が時間をかけて面接を行う。

好みだと思いますが、上司同行にインパクトはないと思います。
以前はMR認定を維持するために、実地研修という名目で同行が必須でしたし、個人的にネガティブな先は上司同行で連れていきませんでした。
(ネガティブな先に連れていくと激怒する上司もいました。逆に上司はネガティブな施設にこそ行きたいのかもしれません。)
(慈恵医大ほど大きな病院だと、MRの担当先が慈恵医大+αと少ないこともあるので、MRも連れていく先がない可能性もあります。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51724/Default.aspx

サイト内検索