MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

バイオジェン:ファイザーからCK1阻害薬を導入。アルツハイマー病などで開発へ(外資)

バイオジェン:ファイザーからCK1阻害薬を導入。アルツハイマー病などで開発へ(外資) 米バイオジェンは1月23日、日本法人を通じて、米ファイザーの新規の中枢神経系透過性低分子カゼインキナーゼ1(CK1)阻害薬PF-05251749(開発コード)を導入する契約を締結したと発表した。契約手続きを3月までに完了させる予定。同剤は現在、フェーズ1段階にある。開発エリアは不明。バイオジェンはアルツハイマー病の夕暮れ症候群と、パーキンソン病の不規則睡眠・覚醒リズム障害の治療薬として開発するとしている。

ファイザー位規模が大きな企業が導出することに驚きです。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68645

サイト内検索