MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

J&J、ロシュがGSKを買収ターゲットか:英紙報道(外資)

J&J、ロシュがGSKを買収ターゲットか:英紙報道(外資) 米ブルームバーグ通信が、米ファイザーが英グラクソスミスクライン(GSK)を買収のターゲットとしているとの観測を掲載したことは本誌既報の通りだが、今度は、英一般紙「DailyMail」6月15日付が、GSKを狙うのは米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)あるいはスイス・ロシュではないかとの証券アナリストらの観測についての記事を掲載した。同誌によると、アナリストらはすでに、J&Jあるいはロシュは、GSK株式1株当たり1900ペンスをオッファー、買収額は920億ポンド(1430億ドル)になると見込んでいるようだ。最近、GSK買収の噂が度々持ち上がるのは、同社の株価低迷にあるようだ。今年1月には、1327ペンスの底を打ったあと、4月半ばの株価は1642ペンスだった。

GSKが買収される立場になるとは時代の流れを感じます。
(これを見て、ノバルティスがどう動くかが見ものです。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51727/Default.aspx

サイト内検索