MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日薬連:「医薬品供給調整スキーム」策定。新型コロナで中国からの原薬供給不安に備え

日薬連:「医薬品供給調整スキーム」策定。新型コロナで中国からの原薬供給不安に備え 中国・武漢市を中心に新型コロナウイルスに関連した肺炎が拡大するなか、日本製薬団体連合会(日薬連)は2月7日、「医療用医薬品の供給調整スキーム」を策定し、関連団体に通知した。原薬は先発品、後発品ともに中国で製造されているケースが多く、新型コロナウイルスの蔓延が長期化することで工場の稼働などへの影響も懸念されている。製薬各社は以前から安定供給に向けて原薬のダブルソース化などの対応を進めてきたが、緊急時に備え、手順を決めた。具体的には、「市場シェア(数量ベース)30%以上の医薬品について、1か月以上の欠品が見込まれる事案」を供給不安に位置づけ、「供給調整チーム」を発足。厚労省と密に連携し、代替薬の在庫や出荷調整などの対応を取ることで、安定供給を継続させたい考えだ。

原薬は中国に依存している部分が多く、安定供給できるかがカギになってくると思います。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68749 https://nk.jiho.jp/article/148686

サイト内検索