MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

リモートコミュニケーション:利用経験医師は16.5%。Web会議、オンライン診療、地域包括ケア参画医師ほど利用多く

リモートコミュニケーション:利用経験医師は16.5%。Web会議、オンライン診療、地域包括ケア参画医師ほど利用多く 医療従事者が製薬企業の社員とPC画面などを通して1対1で双方向に対話し、医師が情報入手できるサービス「リモートコミュニケーション」をこれまでに1回以上利用した経験のある医師が16.5%いることが、医薬品マーケティング支援会社エム・シー・アイ(MCI)の調べでわかった。17年4月調査で「直近1年間に利用した経験のある医師」は9.9%で、リモートの利用は大きく伸びていない。しかし、医師同士でオンライン会議をしたり、オンライン診療や地域包括ケアに参画している医師ほどリモートの利用割合が高いことも確認され、今後、リモートの普及が加速する可能性もありそうだ。

オンライン診療や地域包括ケアに参加しているDrはリモートコミュニケーションの利用が高いそうなので、地方の過疎地域のDrなどの傘下は増えていくかもしれません。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68739

サイト内検索