MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

スイッチOTC、評価検討会議の在り方見直しを。規制改革WGでOTC薬協

スイッチOTC、評価検討会議の在り方見直しを。規制改革WGでOTC薬協 政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキンググループは13日、スイッチOTCの課題について、日本OTC医薬品協会からヒアリングした。同協会は、「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」を軸とするスイッチOTC承認プロセスの新スキームについて、「スイッチの可否を決定するのは越権行為」などとして、必要性やリスクなどを議論し、厚生労働大臣に意見具申する会議体として位置付けることや、医師が過半数を占める現在の委員構成の是正などを求めた。

スイッチOTCが進まないのは、今の委員16名のうち医師が10名となっていることが原因の様な気がします。(スイッチOTCが増えれば、生活習慣病の患者の来院が少なくなるので、医療機関の経営に影響がでるような気がします。) https://nk.jiho.jp/article/148787

サイト内検索