MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

アルフレッサ、PHC、富士通エフ・アイ・ピーの3社:特殊医薬品の「流通管理プラットフォーム」で実証実験開始

アルフレッサ、PHC、富士通エフ・アイ・ピーの3社:特殊医薬品の「流通管理プラットフォーム」で実証実験開始 アルフレッサホールディングスは2月13日、子会社のアルフレッサとPHC社、富士通エフ・アイ・ピーの3社で特殊医薬品の新たな流通管理プラットフォームの実証実験を開始したと発表した。特殊医薬品の保冷庫の入出庫情報や患者に投与された情報などを、非接触型のデータ自動認識システム「RFID」を活用し、クラウド型インフラ基盤にデータとして一元管理するというもの。将来的には、アルフレッサ以外の医薬品卸も参画できるような業界共通のプラットフォームとして活用できるように整備と普及を進める考えだ。

卸が製薬企業を抱え込んで、1社提供する動きが増えています。
アルフレッサは業界共通のプラットフォームを目指すようですが、厚労省やPMDAが動かないと業界標準にはならない気がします。 https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=68770 https://nk.jiho.jp/article/148786

サイト内検索