MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

医薬品医療機器総合機構:総審査期間で目標達成‐後発品の通常品目は未達

医薬品医療機器総合機構:総審査期間で目標達成‐後発品の通常品目は未達 医薬品医療機器総合機構は、2014年度に審査した医薬品の承認実績を公表した。新医薬品の総審査期間は60%タイル値で、希少疾病用医薬品など優先審査品目8.8カ月、通常審査品目11.9カ月となり、昨年スタートした第3期中期計画の目標を達成した。ただ、後発品では一部変更申請(通常品目)で目標を達成できなかったことから、医薬品医療機器総合機構は今年度から「ジェネリック医薬品等審査部」を強化し、審査の効率化を図るとした。

以前は申請から承認まで2年近くかかっていたことを考えると、非常に短くなったと思います。
(その分PMDAの人員も増えていますし、大阪にも支部が出来ています。) http://www.yakuji.co.jp/entry44385.html

サイト内検索