MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日薬連・製薬協会長、「中間年改定」で任期延長へ。迫り来る議論に備え、政府・与党への説明力低下を回避

日薬連・製薬協会長、「中間年改定」で任期延長へ。迫り来る議論に備え、政府・与党への説明力低下を回避 日本製薬団体連合会と日本製薬工業協会が、薬価の毎年改定(いわゆる中間年改定)に備えて会長任期を延長する方向で検討している。現在、日薬連の会長は手代木功氏(塩野義製薬社長)で、製薬協の会長は中山讓治氏(第一三共会長)。業界団体間で役員人事と定款変更に向けた作業を進めており、早ければ3月にも来年度の運営体制が固まる見通し。

中間年改定は閣議で決まったように感じているのですが、まだ変更する可能性があるのでしょうか? https://nk.jiho.jp/article/148992

サイト内検索