MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【3月27日新着】ロシュD 新型コロナウイルス検出用SARS-CoV-2核酸キットを国内申請

【3月27日新着】ロシュD 新型コロナウイルス検出用SARS-CoV-2核酸キットを国内申請 ロシュ・ダイアグノスティックスは3月25日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を検出するSARS-CoV-2核酸キットを国内で製造販売承認申請した。同製品は、米食品医薬品局(FDA)から3月12日に緊急使用許可を受けているほか、欧州でも使用が可能になっている。

SARS-CoV-2核酸キットは、リアルタイムPCR法を原理とする、当社の全自動遺伝子検査装置コバス 6800システム、コバス 8800システムを使用。鼻腔又は咽頭検体中のSARS-CoV-2 RNAを検出することが期待されている。

SARS-CoV-2に特異的な配列と、SARS-CoV-2を含むサルベコウイルス亜属のサルベコウイルス全般に存在する配列を、1つの検査で行うのが特徴。核酸抽出から増幅・検出までの全工程が含まれる。
サイト内検索