MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

新興国市場ナンバーワンの成長率を誇る会社は? 投資会社調査

新興国市場ナンバーワンの成長率を誇る会社は? 投資会社調査 2015年第1四半期までの1年間(2014年4月-2015年3月)で、新興国市場における売上の成長率でトップになったのは、英アストラゼネカ(AZ)だった。米投資顧問会社Bernstein&Co社のまとめた報告書で明らかになった。米医薬専門誌「FiercePharma」6月23日付が報じた。調査は、製薬大手7社(ファイザー、サノフィ、AZ、米メルク、ノバルティス、ロシュ、イーライリリー)の過去数年と今年第1四半期の新興国における進出状況や販売状況を検討した。トップのAZは14%成長遂げるトップとなったAZは、過去1年間で新興国において14%の成長を示した。2位は、ファイザーとサノフィが10%成長で同位となった。一方で、米メルクは6%程度、リリーは今年第1四半期が4%となった。

製薬大手7社からあぶれた会社から非難が起きそうです。
アストラゼネカは、ファイザーの買収騒ぎから自前で成長しなくてはいけないですし、それを株主にわかってもらうために色々と発表する必要があるため、こういう結果が出たのだと思います。 https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51781/Default.aspx

サイト内検索