MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【5月18日新着】持田製薬・利益2桁減の減収減益

【5月18日新着】持田製薬・利益2桁減の減収減益 持田製薬は5月15日、2020年3月期の連結業績について、売上高が前年度比7.2%減の1017億9900万円、営業利益が16.8%減の88億700万円の減収減益だったと発表した。主力品だった疼痛薬・トラムセットが後発品の参入が影響し、65%減の71億円に落ち込んだことが響いた。このほか、高脂血症治療薬・エパデールやCa拮抗薬・アテレックなどの長期収載品が2桁減となるなど、薬価制度改革や後発品使用促進の影響を受け、減収となった。重点領域に位置付けた消化器領域の3製品(リアルダ、グーフィス、モビコール)は伸長したが、減収を吸収しきれなかった。

◎グーフィスが173%、モビコールが454%増と業績牽引

トラムセットの65%減(71億円)に加え、これまで業績を支えてきたエパデールは16%減(121億円)、アテレックは16%減(45億円)、子宮内膜症・子宮腺筋症治療薬・ディナゲストも15%減(16億円)となり、この減収が響いた。

一方で、重点領域に位置付けた消化器領域では潰瘍性大腸炎治療薬・リアルダが32%伸び、90億円を売上げた。慢性便秘症治療薬のグーフィスは173%増(37億円)、モビコールは454%増(18億円)と伸長した。このほか、抗うつ薬・レクサプロ(自社販売と田辺三菱製薬への販売の合算)が10%増の165億円と好調。後発品も18%増の233億円だった。
サイト内検索