MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【5月20日新着】米J&J、発がん性指摘のベビーパウダー販売中止

【5月20日新着】米J&J、発がん性指摘のベビーパウダー販売中止 米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は19日、北米で「タルク(滑石)」を原料とするベビーパウダーの取り扱いを止めると発表した。対象のベビーパウダーは長年の使用ががんなどの健康被害を引き起こしたとして大規模な訴訟を起こされており、安全性への懸念から売り上げが急減していた。新型コロナウイルスの感染拡大にともない同社が3月以降に進めている消費者向け商品の品目絞り込みの一環とも説明した。
対象製品の北米での取り扱いは在庫がなくなり次第、終了する。原料にコーンスターチを使った製品の販売は続ける。北米以外の地域では引き続き、販売を続ける。

「J&J」ブランドのベビーパウダーは100年以上前に発売され、ベビー用品部門の主力製品。だが、近年になって製品の長年の使用ががんなどの健康被害を引き起こしたとの訴えが相次ぎ、安全性への懸念が浮上していた。直近では2万件近い訴訟が起きている。

J&Jは同製品の取り扱い中止について「消費者の行動の変化に加えて、安全性に関する誤った情報により北米での需要が減ったため」と説明した。ただ、安全性には「自信がある」とし、同製品に関する係争は続ける。同製品の売上高規模は、消費者向け部門の米国売上高の0.5%程度という。
サイト内検索