MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【5月21日新着】ゾルゲンスマやビルテプソなど5製品が発売

【5月21日新着】ゾルゲンスマやビルテプソなど5製品が発売 5月20日に薬価収載された19製品のうち、ノバルティスファーマの再生医療等製品で脊髄性筋萎縮症に対する遺伝子治療用製品のゾルゲンスマ点滴静注など5製品が即日発売した。ゾルゲンスマの国内流通はスズケングループが受託した。

このほか即日発売した製品には、先駆け審査など3つの指定を受けた日本新薬のデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬で核酸医薬品のビルテプソ点滴静注、アストラゼネカの新規の高カリウム血症用薬ロケルマ懸濁用散分包、小野薬品の中枢神経系原発リンパ腫に用いるBTK阻害薬ベレキシブル錠、ステラファーマの頭頸部がんに用いるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)用ホウ素薬剤ステボロニン点滴静注――の新薬4製品がある。

一部地域で政府の緊急事態宣言が継続されるなか、製薬各社は、メールや電話などの代替手段を用いるほか、医療機関の意向を確認したうえで訪問するなどして情報提供活動を行う。

第一三共が承認を取得した乳がんのサードライン以降の治療に用いる抗体薬物複合体(ADC)・エンハーツ点滴静注用は5月25日、大日本住友製薬の非定型抗精神病薬・ラツーダ錠は6月11日に発売する予定。同日はゾルゲンスマのほか、新薬18製品が薬価収載された。
サイト内検索