MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

【6月2日新着】リン吸着薬・リオナ錠で鳥居薬品とあすか製薬がコプロ 鉄欠乏性貧血の効能追加見据え

【6月2日新着】リン吸着薬・リオナ錠で鳥居薬品とあすか製薬がコプロ 鉄欠乏性貧血の効能追加見据え 鳥居薬品とあすか製薬は6月1日、リン吸着薬のリオナ錠(一般名:クエン酸第二鉄水和物)について、コプロ契約を締結したと発表した。同剤は現在、鉄欠乏性貧血治療薬として効能追加申請中。鳥居薬品は、産婦人科領域に強みを有するあすか製薬とコプロすることで、早期の市場浸透を狙う。

承認取得後は、鳥居薬品は、主に腎臓内科・透析科等、慢性腎臓病領域の医療機関に注力。あすか製薬は同社の強みである産婦人科の医療機関を中心に情報提供を行う。

同剤は2014年1月、日本たばこ産業(JT)が承認を取得。「慢性腎臓病患者における高リン血症の改善」を効能・効果に、鳥居薬品が同年5月から、販売及び情報提供活動を行っている。鉄欠乏性貧血を適応症とする効能追加申請は、JTが20年5月に行っていた。
サイト内検索