MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2014年の新薬承認審査期間は10.1か月

2014年の新薬承認審査期間は10.1か月 日本製薬工業協会の医薬産業政策研究所(政策研)と東京大学大学院薬学系研究科が共同でまとめた報告書によると、2014年の新薬承認審査期間は10.1か月(中央値)だった。同様の調査を2000年から行っており、11年以降、4年連続で審査期間は12か月を下回ったことになる。前年も10.1か月、最短は2012年の9.5か月となる。

以前は審査機関が2年以上かかっていたのに比べると非常に短くなりました。
(その分PMDAも支部や人員も増えています。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51798/Default.aspx

サイト内検索