MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

リフィル処方、日医“容認”で導入決定的、16年度診療報酬改定。残る懸案は細部の制度設計へのネゴ

リフィル処方、日医“容認”で導入決定的、16年度診療報酬改定。残る懸案は細部の制度設計へのネゴ 国内の医薬分業を完成させる“最後のピース”ともされる「リフィル処方」は、次回16年度診療報酬改定での導入が、ほぼ確実な情勢だ。

生活習慣病を取り扱っている製薬企業は調剤薬局への情報提供が重要になるかもしれません。
(病院の門前薬局は製薬会社によっては担当が違う可能性もありますが、どうするのでしょう?) http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48260 http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48261

サイト内検索