MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2015年7月企業別パイプラインリスト:ファイザー、AZ、ノバルティスはP3に20プロジェクト超

2015年7月企業別パイプラインリスト:ファイザー、AZ、ノバルティスはP3に20プロジェクト超 ミクス編集部が製薬企業62社を対象にまとめた「新薬パイプラインリスト2015年7月改訂企業別」によると、日本で臨床第3相(P3)試験を20プロジェクト以上進めている企業が3社あることがわかった。3社はファイザー(プロジェクト数28)、アストラゼネカ(22)、ノバルティス(21)――と全て外資系企業だった。なお、ファイザーはP3とは開示しておらず、すべてP2/3であることに留意が必要。内資系企業でP3が最も多いのは武田薬品(14)で、次いで大塚製薬(9)、大日本住友製薬(9)だった。調査は5月に実施し、その時点で各社が開示していた直近の開発プロジェクトを整理・集計した。公表資料を用いたほか、外資系企業を中心に行ったアンケート調査結果も反映させた。

数が多い理由として、抗がん剤の開発が進んでいるからかもしれません。
(逆に「がん」以外の開発がどうなっているのかが気になります。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51833/Default.aspx

サイト内検索