MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

PhRMA、420剤の神経疾患治療薬を開発中

PhRMA、420剤の神経疾患治療薬を開発中 米国研究製薬工業協会(PhRMA)メンバー製薬企業は現在、420剤の神経疾患治療薬を開発中だ。PhRMAと米てんかん協会(EpilepsyFoundation)がまとめた報告書「開発中の神経疾患」(MedicinesinDevelopmentforNeurologicalDisorders)から明らかになった。PhRMAが7月13日発表した。420剤の内訳は、慢性疼痛治療薬94剤、アルツハイマー病治療薬59剤、脳腫瘍治療薬58剤、MS治療薬33剤、パーキンソン病治療薬31剤、てんかん治療薬22剤遺伝性疾患21剤など。なお、開発中薬剤には承認申請中も含む。PhRMAのJohnJCastellani理事長兼CEOは、「分子あるいは遺伝子レベルで神経系の作用を理解する上で大きな進歩を成し遂げた。

次の開発の流行は中枢神経領域かもしれません。
(もしかすると中枢神経領域のMRの求人も増えるかもしれません。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51852/Default.aspx

サイト内検索