MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

女性ホルモン剤デュファストン錠と乳がん薬フェアストン錠で取り違え、アボットと日本化薬が注意喚起(外資、内資)

女性ホルモン剤デュファストン錠と乳がん薬フェアストン錠で取り違え、アボットと日本化薬が注意喚起(外資、内資) 切迫流産や月経周期異常症などに用いられるアボット・ジャパンの女性ホルモン剤デュファストン錠(一般名:ジドロゲステロン)と日本化薬の閉経後乳がん治療薬フェアストン錠(トレミフェンクエン酸塩)の販売名が類似しているため、取り違えて調剤した事例が明らかになったとして両社は、医療従事者向けに文書で注意を呼びかけている。医薬品医療機器総合機構のホームページにもに掲載された。

名前があまり似ているようには思えませんが取り違えが発生してしまったようです。
こういう事を防ぐために、医薬分業が進められていると思いますが、どうなんでしょうか? https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51882/Default.aspx http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48334

サイト内検索