MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

日本ジェネリック製薬協会・吉田会長:全規格揃え「柔軟運用を」‐安定供給へ多品種生産も課題

日本ジェネリック製薬協会・吉田会長:全規格揃え「柔軟運用を」‐安定供給へ多品種生産も課題 日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)の吉田逸郎会長は、本紙のインタビューに応じ、「経済財政運営と改革の基本方針2015」(骨太方針)で、2017年央にGE薬の数量シェアの目標値を70%以上、18年度から20年度末までの早い時期に80%以上とする新たな目標が打ち出されたことについて、「安定供給の観点から非常に厳しい目標」との認識を示し、GE薬メーカーの参入時に先発品の全規格を揃える“規格揃え”に言及。「各社が揃って生産した医薬品が使われずに倉庫に保管、廃棄されている実態もあり、こうした無駄もなくしていかないといけない」と柔軟な運用を求めた。その上で、「多品種のGE薬を安定供給していかなければならない中、簡単に増産体制を整えることはできず、目標達成には時間的な猶予が必要」と改めて強調した。

以前の後発品は売れ筋の規格のみをそろえていましたが、普及のために先発品の全規格をそろえるように制度が変更されてきました。
ただ、全品目を揃えられることが品質の向上にもつながっていますし、メーカーの体力を測っているところもあります。
過去の経緯から柔軟な運用は難しいと思います。 http://www.yakuji.co.jp/entry45061.html

サイト内検索