MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

サノフィ:新規作用の高コレステロール血症治療薬alirocumabを承認申請、抗PCSK9抗体(外資)

サノフィ:新規作用の高コレステロール血症治療薬alirocumabを承認申請、抗PCSK9抗体(外資) サノフィは、スタチンなどの脂質低下療法でコントロールできない高コレステロール症患者向けの治療薬として開発している抗PCSK9抗体alirocumabを、日本で承認申請したと発表した。標的のPCSK9は、血中のLDLコレステロール(LDL-C)値に影響を与える酵素で、血中の過剰なLDL-Cを取り込むLDL受容体の分解を促進する働きがある。同剤は、この働きを抑制することで、血中の過剰なLDL-Cを取り込みできるようにし、効果を発揮すると考えられている。

アムジェンに引き続きサノフィも承認申請してきました。
やはり脂質異常症の市場が大きいので、どこの会社も目の色を変えて参入しています。 https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51939/Default.aspx http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48449

サイト内検索