MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2014年度卸連会員企業経営概況:売上高は2.28%減、GE拡大などが影響

2014年度卸連会員企業経営概況:売上高は2.28%減、GE拡大などが影響 日本医薬品卸業連合会が会員企業の2014年度決算をまとめた「医薬品卸業経営概況」によると、回答59社の合計売上高の伸び率は2.28%減だった。売上高伸び率のマイナスは、消費税率の引き上げがあった1997年度以来のことで、調査開始以来2度目。2014年度は薬価改定年であるが、卸連はマイナスの主な要因として、2014年4月の消費税率8%引き上げ前の駆け込み需要の反動や、事業の中でも主力である長期収載品が縮小し、急速にジェネリックの使用が拡大するなどした「カテゴリーチェンジ」を挙げている。

やはり、後発品移行が急速に進んでいるので、医薬品卸にはその影響が直撃しているようです。 https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51941/Default.aspx http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=48441

サイト内検索