MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

自民・無駄撲滅PT、長期品使用せず全て後発品調剤を  

自民・無駄撲滅PT、長期品使用せず全て後発品調剤を   自民党の行政改革推進本部「無駄撲滅プロジェクトチーム(PT)」は歳出削減に関する提言をまとめ、菅義偉官房長官に提出した。
厚生労働省関係では医療費の適正化に向け、後発医薬品がある医薬品について、全ての処方箋に対し後発品を調剤することを原則にするよう求めた。先発医薬品を調剤させる場合、その必要性を処方箋に明記することを医師に義務付けるべきとした。

今の処方箋は、変更不可の医薬品にチェックするようになっており、昔に比べると後発品に変更しやすくなっています。 (以前の処方箋は後発品の名前を書かせることがあり、訪問した薬局にその商品がない場合、処方元の医師への問い合わせが必要でした。)
今、医療の世界は電子化が進んでいるので、先発医薬品の必要性もコピー&ペーストするだけなので、あっという間に進むかもしれません。 (逆に、その必要性を処方箋に明示すればいいので、先発医薬品企業は、その例文を出すかもしれません。) http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226579340636.html?pageKind=outline

サイト内検索