MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

第一三共、リベート問題で米政府などと和解 3900万ドル支払い(内資)

第一三共、リベート問題で米政府などと和解 3900万ドル支払い(内資) 第一三共 の米国法人は、同社薬剤の処方の見返りに医師らにリベートを支払っていたとされる問題で、米政府などに3900万ドルの和解金を支払うことで合意した。
司法省によると、同法人は2004年から11年にかけ、医師らを豪華な夕食会に招待、講演料の名目でリベートを支払っていた。

さすがアメリカ、額が大きいです。
ちなみに告発者は610万ドル貰うそうです。こちらも額が大きいです。 http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0UO53O20150109

サイト内検索