MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

経験・企業によって求められる姿が変化するMR

経験・企業によって求められる姿が変化するMR 転職を考えているあなたの年齢や、MRの経験年数によって、転職先があなたに求めるものは変化していきます。
どのようなものが今のあなたに求められているのかを、自身で把握しておくことは、転職を有利に運ぶだけでなく、今後のMRとして活動をしていく際にも有用なことです。
また、転職者の年齢や経験だけではなく、転職先の状況によっても望むMR像が変わってくることがあります。
これらを把握しておくことで、あなたの転職活動を有利に運ぶことができるでしょう。

経験豊富な転職者に求められるもの

MR経験が浅い転職者の場合は、転職先も今まで以上に積極的に仕事をこなしてくれるならば、より成長してくれるだろうと考えるでしょう。ですが、経験豊富な人物の場合は、違った側面も重視されます。それは、マネージメント職として即戦力になるかどうかです。
単なるMR社員であれば、長い目で見た場合、若手の方が転職先にとっても使いやすいはずです。しかしながら経験豊富なMRの場合は、単なるMRとしてではなく、課長職などのマネージメント能力が必要なポジションとして考えますので、部下を指導し、牽引できる能力のある人物を選ぼうとします。これは経験が豊富であればあるほど、その傾向が強くなってきます。
もちろん転職先の事情により、全てがそうだとは言い切れませんが、このような傾向があることは覚えておいてください。

また、経験豊富な人材ほど、今までのMR経験で蓄積してきた能力はどの程度のもので、人脈ある医師の診療科やポジション、人数などにも関心が高まってきます。これは、その人材のMRとしての能力を表すものだからです。つまり、経験に見合っただけの能力と人脈を持っている人材は、転職先にとっては魅力的だと言えます。

外資か内資かで変わってくる求められる姿

現在では内資が外資と合併したり、買収したりと、経営統合するケースが増えてきていますので、内資と外資のボーダーラインは曖昧になりつつありますが、基本的に外資メーカーは、内資メーカーと比較して成果主義をとる傾向が強いと言えます。そのため、今までの売り上げ実績や販売計画達成率などをより重視し、転職しても同じように活動してもらえるのかどうかを判断基準にしているようです。これは、成果さえしっかりと出していれば、若くしてマネージメント職に抜擢されることもある外資ならではの判断と言えるでしょう。

募集している担当疾患領域が、必要とするMRを決めることも

転職しようとしている製薬メーカーの製品ラインナップと、転職を考えている人材が現在在籍している製薬メーカーの製品ラインナップが似通っていた場合、転職が有利に働く時があります。 これは、製品ラインナップが似ていれば、アプローチする診療科や医師も似てくるため、スキルを発揮しやすいだろうと考えるからです。 もちろんラインナップが似ているだけでは意味は無く、評価できる実績を積み重ねてきており、人脈のあるドクターを多数抱えていると判断される場合です。 一方、ラインナップが全く違う製薬メーカーの場合は、今まで未開拓だった診療科や医師に一からアプローチしてもらわなくてはいけませんし、製品知識も白紙の状態から学んでもらわなくてはいけなくなり、即戦力として実力を発揮してもらうまで時間がかかると予想されるからです。 もちろん、ラインナップが違っても、同じ診療科や医師が使用する医薬品は多くありますので、全てがこの通りだとは限りませんが、このような傾向があることを覚えておいてください。

転職しようとしている製薬メーカーの製品ラインナップと、転職を考えている人材が現在在籍している製薬メーカーの製品ラインナップが似通っていた場合、転職が有利に働く時があります。 これは、製品ラインナップが似ていれば、アプローチする診療科や医師も似てくるため、スキルを発揮しやすいだろうと考えるからです。 もちろんラインナップが似ているだけでは意味は無く、評価できる実績を積み重ねてきており、人脈のあるドクターを多数抱えていると判断される場合です。 一方、ラインナップが全く違う製薬メーカーの場合は、今まで未開拓だった診療科や医師に一からアプローチしてもらわなくてはいけませんし、製品知識も白紙の状態から学んでもらわなくてはいけなくなり、即戦力として実力を発揮してもらうまで時間がかかると予想されるからです。 もちろん、ラインナップが違っても、同じ診療科や医師が使用する医薬品は多くありますので、全てがこの通りだとは限りませんが、このような傾向があることを覚えておいてください。

ここにまとめた内容は、あくまでもその傾向があるという事柄であり、全てがこの通りに進むということではありません。 しかしながら、これらのことを理解したうえで転職に望めば、自身の能力のどの部分をアピール材料にすれば転職先からは魅力的に映るかわかってくるはずです。 今までのMRとしての能力を、是非効果的に生かしてください。

サイト内検索