MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

新規後発品の審査手数料、63万円から94万円へ

新規後発品の審査手数料、63万円から94万円へ 政府は、新規後発品の審査手数料を1品目63万2200円から94万8400円に値上げすることとなった。

適合性書面調査は、定めがなく、PMDA職員が海外渡航する際は、PMDAが負担していたが、11月25日以降、申請者が支払うこととなりました。

規模の小さいジェネリックメーカーは、申請するなってことでしょう。 海外渡航が申請者支払になるのはいいですが、飛行機のクラスや宿泊先のグレード、興味あります。

サイト内検索