MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

東和薬品、「適正価格」は9割引き?AG先行のカンデサルタン、付加価値と値段で勝負(内資)

東和薬品、「適正価格」は9割引き?AG先行のカンデサルタン、付加価値と値段で勝負(内資) 大型市場である降圧剤「カンデサルタン」の後発品について、東和薬品の価格設定が話題となっている。

東和薬品はAGを販売するほどどこかの製薬企業と近いわけではないので、価格勝負に出てくるのも一つの方法だと思います。
(特にジェネリックは同じ時期に数十社から同じ商品が出てくるので、差別化の一つに価格があってもわかる気がします。) ただ、1社が価格勝負をすると他の製薬企業も価格勝負せざる負えなくなるので、他の製薬企業は大変かもしれません。 また、次回の薬価改定の際に、前年の実勢価格が基準になるので、自分の首を絞めているのではと思います。
それにしても薬価9割引きは大きいと思います。 (カンデサルタン12mgが薬価85.9円なので、納入価が約9円。薬価差がすごいです。その差が病院、医院、薬局の利益になります。) http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=46944

サイト内検索