MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

GSK・2014年度通期決算、喘息・COPD治療配合薬の競争激化などで減収減益(外資)

GSK・2014年度通期決算、喘息・COPD治療配合薬の競争激化などで減収減益(外資) グラクソ・スミスクラインは2014年通期業績(14年1~12月)が230億600万ポンド(ポンドベース前年比13%減)、営業利益35億9700万ポンド(同49%減)、純利益28億3100万ポンド(同50%減)の減収減益になったと発表した。

減収減益でも、利益を出しているのはすごいと思います。
がん分野をノバルティスに売却したお金も含んでいるのでしょうか? https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51193/Default.aspx

サイト内検索