MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

厚生労働省、2014年の新薬承認数、前年から倍増の60成分

厚生労働省、2014年の新薬承認数、前年から倍増の60成分 厚生労働省は25日、2014年度全国薬務関係主管課長会議を開き、都道府県や指定都市の関係課長に薬務行政に関する現状報告や要望を行った。承認審査の関係では、新医療用医薬品として2014年に60の新有効成分を承認したことを報告。2013年の31成分から倍増した。

PMDAも人数を増やしているので、承認が増える事は当然だと思います。 また、承認が増えたといっても、申請が続いているのかもしれません。 http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226580312642.html?pageKind=outline http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=46986

サイト内検索