MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

本体「課税化」なら薬価調査は回避か、どうなる2017年度の“谷間改定”

本体「課税化」なら薬価調査は回避か、どうなる2017年度の“谷間改定” 消費税率10%への引き上げが2017年4月に予定される中、改定年の谷間に当たる2017年度に実勢価格に基づく薬価改定が行われるかどうかが製薬業界の関心事となっている。過去の“谷間の増税”では1997年の5%増税時に薬価調査を実施した前例があるため、2017年度も実勢価に基づく改定を行う見込みが高い状況だが、1997年当時との大きな違いは、診療報酬本体の課税化に向けた議論があることだ。現在は非課税の診療報酬を仮に2017年度に課税化した場合、薬価も制度変更となる可能性があり、この場合は薬価調査は不要になるとの指摘もある。

税金分を含んで薬価改定がされているので、2017年度を飛ばすとなると、その前後の薬価改定はちょっと大変かもしれません。
(増税分を考えて、調整幅が決まっています。) http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226580356979.html?pageKind=outline

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。