MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

MSDが初のオレキシン受容体拮抗薬で睡眠薬市場に参入

MSDが初のオレキシン受容体拮抗薬で睡眠薬市場に参入 MSDがこの秋にも睡眠薬市場に参入する。

スボレキサントは脳の覚醒状態に関係するオレキシン受容体を阻害する。
既存薬がいずれも睡眠にかかわるGABA受容体やメラトニン受容体に作用するのに対し、ベルソムラは覚醒状態の維持に関係するオレキシンを標的としている。
第3相試験では投与中止例に反跳性不眠や退薬症候が示されておらず、安全性や忍容性についても良好な結果が得られている。

作用機序も異なりますし、トップシェアであったマイスリーも後発品が出ているので 売れるのではないでしょうか? https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/49363/Default.aspx

サイト内検索