MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

武田薬品、「タケキャブ」はSOVモデルで勝負(内資)

武田薬品、「タケキャブ」はSOVモデルで勝負(内資) 武田薬品の岩崎真人取締役医薬営業本部長は2月に発売し、ピーク時に薬価ベース売上高620億円と大型化を期する新規抗潰瘍剤「タケキャブ」について、MRの人海戦術で対応すると答えた。

SOV(Share of Voice)で計算するなら、大塚製薬とのコプロモーションも納得できます。
SOVで進めるなら、対抗品も含め、採用が増えるのでしょうか? (MR資格化で人が減ることを期待しましたが、外資系企業の参入も増え、結局MRの免許所持者が増えました。) http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=47163

サイト内検索