MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

変化していくMRの仕事と収入

変化していくMRの仕事と収入 以前より給与水準の高いと言われているMRですが、MRの給与が高い理由や現在でも給与は高いのかをまとめました。

「MRの仕事はさらに専門化していく?」

現在医薬品の価格交渉は、卸や販売代理店がおこないますので、MRは病院などで納入価格について話すことはありません。そのため、「医薬品の適正使用のための情報の提供・収集・伝達」をしながら医師に営業活動をする職業になっています。これは、昔のプロパーと呼ばれた営業色が強いものから、専門性が高いものに変化してきていると言えます。
すなわち、医薬品に関する知識がより高度に求められるようになってきているわけです。
しかも、会社そのものが再編・統合・買収をおこなう可能性が高いわけですから、今までと同じ領域(診療)の医薬品ばかりを扱うとは限りません。今までとは違う新しい知識を身に付けないと営業活動そのものが満足にできなくなってしまいます。
これらのことを考え合わせると、今後MRは常に学術的知識を学んでいかなくてはいけないということであり、専門職としての色合いが強くなってくると言えるのです。

(画像はhttps://www.mre.or.jp/about_mr.html より引用)

「MRの仕事の変化 プロパーからMRへ」

現在のMRは、昔は医薬情報担当者(通称プロパー)と呼ばれており、当時の薬業界の自主規範に基づいて教育研修制度を受講したものが就ける職業でした。
当時も医薬情報はもちろん提供していましたが、それ以外に納入価格を薬価からいくら値引きするかが営業活動の大きなポイントでもありました。病院・医院も医薬品の使用で儲ける意識が強く、その結果、薬漬けなどの問題が話題になることも多くありました。これらを背景に、当時の医薬情報担当者は、営業マン的要素が強くならざるをえなかったと言えます。

その後、医薬情報担当者の資質向上策の一つとして MR の認定制度が導入され、規定の導入教育を受講し、MR認定試験に合格した後、MRの実務経験を6ヵ月間終了しないと認定証を取得できないシステムに変更されました。
MRは企業の一員であり、自社医薬品の普及を担っていますが、社会的使命として「医薬品の適正使用のための情報の提供・収集・伝達」を正しく行っていく必要があることを理解させ、徹底するための制度です。
つまり、この二つの面をバランスよく活動していくことが求められているわけです。

「MRの仕事はさらに専門化していく?」

現在医薬品の価格交渉は、卸や販売代理店がおこないますので、MRは病院などで納入価格について話すことはありません。そのため、「医薬品適正使用のための情報提供・収集・伝達」をしながら医師に営業活動をする職業になっています。これは、昔のプロパーと呼ばれた営業色が強いものから、専門性が高いものに変化してきていると言えます。
すなわち、医薬品に関する知識がより高度に求められるようになってきているわけです。 しかも、会社そのものが再編・統合・買収をおこなう可能性が高いわけですから、今までと同じ領域(診療)の医薬品ばかりを扱うとは限りません。今までとは違う新しい知識を身に付けないと営業活動そのものが満足にできなくなってしまいます。
これらのことを考え合わせると、今後MRは常に学術的知識を学んでいかなくてはいけないということであり、専門職としての色合いが強くなってくると言えるのです。

「MRの収入は今後どうなっていく?」

MRが専門職としての色合いが強くなったとしても、基本的には製薬会社の営業であることに変わりありませんから、売り上げ目標に対する達成率が収入に影響してきます。
専門職としての知識がますます求められ、なおかつ営業職としての能力が問われるとなると、収入も期待できるのではないでしょうか。これはもちろん、会社全体の収益や、MR個人の営業成績も関係してきますし、厚生労働省の今後の施策にも大きく影響されることが考えられます。
しかしながらMRの平均年収は656万円(2012年度)と、他業種と比較しても相変わらず高い水準を保っています。

医薬品メーカの平均年収

http://doda.jp/guide/heikin/2012/gyousyu/medical/001.html より引用

職種全体の平均年収

http://doda.jp/guide/heikin/2012/gyousyu/medical/001.html より引用

製薬会社の平均収入は2005年では708万円でしたが、2012年には660万円台になっています。これは給与が下がったのではなく、45歳を過ぎた管理職MRに対し、年下の部課長の下につける「役職定年」制度を導入している大手製薬会社が含まれているからです。そのため実際には現場に出ないMRもこの数字には含まれています。

「転職と収入」

MRの収入は、個人の営業成績だけでなく、会社の業績そのものに大きく影響されてしまいます。 会社そのものが再編・統合・買収を頻繁に行っている現在では、今までと全く違う新薬を発売するなど、新たな分野を開拓するべく動いていくため、会社の業績見通しも不透明ではあります。
ですが、転職者を求めるということは、営業力を強化する必要があり、即戦力となるMRを欲しているということです。
転職した会社であなた自身が能力を開花させ、実力を存分に発揮することができたなら、今まで以上の収入を手にすることができるのではないでしょうか。

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。