MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

2014年、人員削減数トップは米アムジェンの4000人に

2014年、人員削減数トップは米アムジェンの4000人に 製薬企業の人員合理化の波は、大手製薬企業からベンチャー企業にも押し寄せてきているようだ。一方で、近年は一時に比べ、大手製薬企業の人員合理化はひと段落といった格好だ。米医薬専門誌「FiercePharma」4月7日号は、2014年の人員削減数トップ7社を報じた。人員削減数が最も多かったのは、米アムジェンの4000人、2位はスイス・ノバルティスの2283人、3位は米・アラガンの1500人、4位は英グラクソ・スミスクラインの1077人、5位は独・ベーリンガーインゲルハイムの900人、6位は英アストラゼネカの550人、7位はアイルランド・アクタビス社の390人。

日本でも内資、外資ともに人員削減を行っていますが、人員削減は世界的に広がっているようです。 https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51436/Default.aspx

サイト内検索