MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

「ゾフルーザ」、インフル流行で品薄状態に。塩野義、出荷調整を開始。増産も検討(内資)

「ゾフルーザ」、インフル流行で品薄状態に。塩野義、出荷調整を開始。増産も検討(内資) インフルエンザの急激な流行で抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」の供給が追い付かず、販売する塩野義製薬が医薬品卸への供給を絞る出荷調整に入ったことが18日、同社への取材で分かった。卸への供給は続いているが、品薄の状態となっている。

政府の備蓄対象になっていれば、品薄に輪をかけていたかもしれません。 https://nk.jiho.jp/article/139026

サイト内検索

人気の求人情報

CNS領域MR

CNS領域のMRとして、大学病院・基幹病院をご担当頂きます。…

オンコロジー領域MR

肺がん領域、乳がん・前立腺がん領域のいずれかに配属となり、

CNS領域MR

昨年上市したパーキンソン病治療薬のプロモーション活動全般を行…

免疫領域MR

免疫領域MRとして従事頂きます。

【MR】中枢神経領域MR

中枢神経領域専任MRとして従事頂きます。