MRとして生きていく為の製薬業界動向・MR求人・MR転職情報サイト

整形外科領域の治療薬市場、22年に6000億円超え、抗リウマチ薬がけん引。富士経済

整形外科領域の治療薬市場、22年に6000億円超え、抗リウマチ薬がけん引。富士経済 富士経済はこのほど、整形外科領域の治療薬市場が2022年に6000億円を超え、26年に6400億円に迫るとの市場予測をまとめた。高齢化の進展に伴い整形外科の受診患者数の増加が見込まれる一方で、後発品(以下、GE)の市場浸透もある。このため疾患領域別では成長市場と縮小市場に分かれる見通し。関節リウマチ治療薬市場は新薬の登場もあって伸長し続けるが、骨粗鬆症治療薬市場や変形性関節症治療薬はGEの影響で縮小するとしている。

バイオシミラーなども登場していますが、薬価は先発品よりも下がるので、市場が大きくはならない気がします。
(大きくなると、厚労省も動くでしょうし。) https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/67328/Default.aspx

サイト内検索